専業主婦でも借りれるキャッシング

主婦で審査に落ちてしまう原因と対処法とは?

キャッシングの申込みをしてはみたものの、「審査に通らなかった・・・」というケースがあるのも事実です。

 

キャッシング業者の審査基準については、各社とも独自の審査基準を採用し、その基準について公表していませんので、なかなか原因を考えるのが難しいと思います。

 

しかし、審査に通らない原因として多くあるのは、

 

・総量規制による影響
・申込み条件を満たしていないこと
・キャッシング業者に固有の事情があること

 

などになります。

 

最後のキャッシング業者の固有の事情は、アイフルなど、経営状態があまり良くないケースがあることです。

 

貸付けに回す資金に余裕がない場合は、優良な顧客に限定して貸付をすることになりますので、必然的に審査基準が厳しくなる傾向にあります。

 

以下に、残りの2つの原因について紹介したいと思います。

 

審査が通らない1番の理由は「総量規制」!

 

まず、総量規制によって審査に落ちてしまうのは、
(1)年収の3分の1を超える借入れをすでにしている場合
(2)専業主婦が総量規制の適用を受ける業者に申し込んだ場合
のいずれかです。

 

すでに多くの借入れをしている場合は、「年収の3分の1まで」という制限に引っ掛かることがありますので、総量規制の適用を受けない銀行のサービスを利用するのが良いでしょう。

 

次に、専業主婦の収入は、自分名義の収入についてだけ考慮するものであって、夫婦で合算した収入で計算してはいけません。

 

専業主婦の方のキャッシングの申込みは、優良業者で選ぶなら三菱東京UFJ銀行カードローン、あるいは、イオン銀行カードローンのいずれかです。

 

アコムやプロミスに専業主婦の方が申込んでも、審査に通ることはありませんので、銀行のカードローンを第一候補にするようにしてください。

 

申込み条件に該当しているかどうかも要チェック!

 

次に、各種カードローンの申込み基準について、しっかりと確認しておくことが必要です。

 

たとえば、イオン銀行カードローンの申込みは、専業主婦の申込みは可能でも、学生の申込みはできないとされています。

 

そのため、学生がキャッシングを利用するのであれば、三菱東京UFJ銀行カードローンなどの学生の利用を認めている業者を選ぶようにします。

 

審査に自信がないなら、モビット・アコムに挑戦してみよう!

 

 

アルバイトやパート(安定した収入がある方)をしている主婦の方で、審査結果に自信が持てない、という場合は、モビットやアコムの審査を受けてみるようにしてください。

 

表面上の金利は少し高めですが、その分、審査基準が緩めに設定されていることが予想されます。

 

銀行のカードローンよりはやや利息がかかることになりますが、少額のキャッシングでは気になるほどの違いではありません。

 

まずは、アコムやモビットに挑戦し、その後、銀行のカードローンに申込んでみるといいでしょう。